筋肉ドッグ 整体屋さんのエステ 痛み取り ぎっくり専門	 横浜整体プロポーションセンター

TEL:045-543-8001

冷えから来る症状です

冷えは万病の元、冷えが改善すればすべてがOK

生理が遅れるということは体の状態が疲れている証拠です。「疲れている」状態を具体的に説明すると、筋肉が硬直していると言うことです。内臓五臓六腑も筋肉ですから、おそらく内臓もストレスや過労、運動不足によって異常の緊張状態になっています。内臓が硬くなってくると痛みや重たい感じがしてきます。痛みは疲れのサインです。胃が痛い人なんかも胃が方訓なってるから痛むわけです。この状態を解決するには内臓を緩めてあげるしかありません。まずは足を温めてください。
[足湯は最高の予防です。]
大概の疲れてしまった人はまず、足がつめたく冷えてしまっています。そこで、足から温めてあげることによって、内臓が緩み始めてきます。生理も時機に正常にもどることでしょう。ちなみに私は整体師ですが、同じような症状の人を足湯で治しました。43歳主婦の方で、朝、昼、晩と1日3回1時間ずつ行った結果、10日目に生理がきて、終わったかと思ったら、また、1週間後に生理がきました。その方は半年に1回しか生理が来なかった状態が何年も続いておりました。足湯で、すべて解決出来ますよ。ついでに、健康な人は20分で汗が出てきますが、冷えがある人は最初1時間やっても汗は出てきません。4,5日もすれば、50分か、45分ぐらいで汗が出るようになります。汗が出るようになれば回復も近いでしょう。終わったあとは、水で必ず足を冷やしてくださいね。開いている毛穴を閉じないと直ぐに足が冷たくなってきますから。お風呂は半身浴39度(体温より2,3度高め)でゆっくり40分はつかるとベターです。やはり、風呂から上がるときには水で全身を冷やしてください。体の芯がいつまでもぽかぽかしますから。39度は副交感神経が刺激されて筋肉を緩めてくれます。42度以上は交感神経を刺激して筋肉を緊張させますから気をつけてね。以上