横浜整体プロポーションセンターの圧迫骨折は怖くない 後の対処法が重要

TEL:045-543-8001

圧迫骨折は怖くない 後の対処法が重要

■2014/10/07 圧迫骨折は怖くない 後の対処法が重要
ある年代になってくると、骨粗鬆症から圧迫骨折へと発展してきます。突然襲ってくるので防ぎようもありません。

さて、もしも圧迫骨折になった場合、知らない人は病院へ何ヵ月も通いますが、痛みが中々取れないのが実情です。

圧迫骨折をしても、時間が経てば落ち着いて来るものです。私の経験から、78才で骨粗鬆症の方が、転んで骨折。立つことも出来ずに寝たきり状態でしたが痛みが取れれば動ける事を知っていたので、毎日痛み取りの施術を21日間
痛みは残るものの立つことが容易にできるようになりました。
それからは、週に2回、60分ずつ痛み取りと予防を兼ねての施術を行いました。
3年間で寝込んだ回数が3回。骨折も3回やってました。いずれも転んで骨折
2回目、寝込んだ時には30日毎日通い、立てるようになりました。
3回目は21日目、たてるようになってきた矢先、転んでまた痛めてしまったのです。30日過ぎても痛みが取れてくれないため、仕方なく医者で入院させることにしました。

余り長く痛みが取れないとこちらも気が引けてまいります。
お金のかかることなので。
今、考えると後、3週間、通ってあげたら痛みも取れて入院させることもなかったと反省しています。その方は、そのまま老人ホームへ行ってしまいました。


別の方は、79才で骨粗鬆症の圧迫骨折になり、最初は週に2回 90分ずつ行い、3か月で痛みも半分になり、大分気持ちに余裕が生まれてきました。この方は、3年間で3回の圧迫骨折を起こし、大変でしたが、今は体操教室に行けるくらいに痛みも無くなり明るくなりました。

基本、骨折後のリハビリは痛みが落ち着くまで3か月はかかります。始めの1ヶ月間は痛みが酷く余り動けませんし、気持ちも落ち込んでいるので、とにかく励まして痛みが落ち着くまでをサポートすることが重要です。

また、痛い箇所は揉んだり、押したりの刺激は悪化の元になり、厳禁です。冷やしたり、そっと手を添えるくらいしか出来ません。所謂、これが手当て療法なのです。そして、回りの痛くない所を摩ります。次第に手当ての部分に変化が出て痛みも和らいできます。

骨折したからと行っていきなり入院させても良し悪しでしょう。状況を良く考えてから行動してください。痛みが取れない場合には、入院も仕方ない事でしょう

他に痛みに関して何でも質問承ります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

横浜整体プロポーションセンター
URL:http://seitai-goto.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西2-10-15 サニークレスト101号
TEL:045-543-8001(携帯からは090-2729-3976におかけください)
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/YuH1QP
Twitter:http://goo.gl/pQWsBo
mixi:http://goo.gl/IPS6rt
アメブロ:http://goo.gl/3w82sP
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆