横浜整体プロポーションセンターのお年寄りの寝たきりを改善、予防する、対策方法

TEL:045-543-8001

お年寄りの寝たきりを改善、予防する、対策方法

■2014/08/28 お年寄りの寝たきりを改善、予防する、対策方法
80を超えて来ると、ちょっとした風邪が災いとなり、寝たきりになってしまうこともあります。日頃から散歩などして体を動かしていれば予防になりますが、1度体を壊したり、なまってきますと動くことが困難な状態になってきます。こうなってしまいますと、ずるずると悪くなる方向に進んでしまいます。

毎日、楽な生活を送っているうちに、筋肉は衰え、痛みがあちこちに出て来るようになります。そうなると、ますます動くことが面倒に思ってきますから、悪循環に陥ってしまうのです。

体操教室などに行く元気があれば良いですが、その元気が出ないうちは、まず元気を取りも同ことが先決です。元気は、体の痛みを取ったり、違和感や、だるさを取り除くことで戻ってきます。

既に、寝たきり状態になってる場合や、寝ることが増えてきた方には、まずは、体をさすって血行促進させることが元気を取り戻す秘訣です。

さすることによって、体が軽くなってきますし、運動と同じ効果が出てきます。痛みも和らいでくるという、まさに自然治癒力を最大限に生かすことが出来る凄技なのです。
やり方は、力を抜いて優しくさすることです。
赤ちゃんを扱うように。
さするだけで痛みを感じる場合があります。この様な時には、手を当ててください。そして、その周りの痛くないところからさすれば良いです。

5分もすれば、手を当てている痛かったところも、痛みが和らいでくるでしょう。その後、軽くさすって、違和感が無くなればそのままさすれる状態になりますので、ドンドンさすって痛みが出ないように予防が出来るようになります。

極秘の技を公開しましたが、一人でも多くの方が元気を取り戻してくれたら、うれしいです。

以前、78歳の女性がぎっくりで起きることが困難になり、寝たきり状態になりました。そんなに若くない為、回復力も低下していますので毎日3週間通ってさすりました。痛みが取れてくれば動くことが出来るので、まずは1日も早く痛みを取ってあげることが先決です。

年を取ってからの寝たきりは体力も筋肉も見る見るうちに衰えてきますので一刻を争う状態なのです。

動くことさえ出来ればもう大丈夫です。

また、日ごろの予防として、無理はいけないですが、全く動かないことも良くないです。ですから、動きやすい状態にしてあげれば良い訳です。

違和感や痛みがあれば、早く取り除いてあげましょう。
そうすれば、寝たきりまでなることはないはずですから。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
横浜整体プロポーションセンター
URL:http://seitai-goto.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西2-10-15 サニークレスト101号
TEL:045-543-8001(携帯からは090-2729-3976におかけください)
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/YuH1QP
Twitter:http://goo.gl/pQWsBo
mixi:http://goo.gl/IPS6rt
アメブロ:http://goo.gl/3w82sP
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆