横浜整体プロポーションセンターの脳梗塞や心不全の予防法  さすり療法で血行促進

TEL:045-543-8001

脳梗塞や心不全の予防法 さすり療法で血行促進

■2014/08/13 脳梗塞や心不全の予防法 さすり療法で血行促進
脳梗塞や心不全の予防法  さすり療法で血行促進
突然襲ってくる脳梗塞心不全に対してどのような予防をされていますか?私は大丈夫だと思っている人は多いはずです。
基本は規則正しい生活が一番です。
程度な運動に快食快眠 くつろぎの時間をもうける等々

しかし、仕事をしている皆さんには中々規則正しい生活とはほど遠い残業や営業ノルマでストレスを抱え体の疲れはピークに達しているのでは?

さて、日頃健康のことは、余り考える余裕もなく過ごしていることと思います。
何より大事なのは血行促進です。かといって今も流行りのサプリメントだけでは限界があります。

先ほど、脳梗塞や心不全の予防として、血行促進と言いましたが、特に、脳梗塞には首回りを柔らかくしておくことが必要です。

頚椎を柔らかくするには背中の背骨を伸ばしたり肩甲骨を柔らかくすることで弛んでくるものです。背中部分を解すことで頚椎が柔らかく守られるのです。

頚椎を柔らかく保つ事が脳梗塞の予防に繋がります。
心不全の予防としては、胸まわりや背中は当然のことですが、特に、足全体 下半身の血行は大切です。ふくらはぎを柔らかく、足裏や足指も柔らかくしておくことです。しいては、足首や膝関節 股関節の稼動域を正常に近づけることで、筋肉の動きも活発になり、柔らかい筋肉も保たれます。

歩くことは大切な事ですが、固い関節のままでは、肝心の関節周りの筋肉が余り使われないため、益々固い関節になってくる訳です。

以上、簡単に予防について言いましたが、他にお腹の五臓六腑の働きを改善したり、血行促進に大切な冷え性や自律神経の改善も大切だと言えます。

まとめ
頚椎を柔らかくしておくことと、下半身の血行促進させて、頭寒足熱の状態にすることが重要だと考えます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

横浜整体プロポーションセンター
URL:http://seitai-goto.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西2-10-15 サニークレスト101号
TEL:045-543-8001(携帯からは090-2729-3976におかけください)
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/YuH1QP
Twitter:http://goo.gl/pQWsBo
mixi:http://goo.gl/IPS6rt
アメブロ:http://goo.gl/3w82sP
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆